売れるWEBライティングのコツ、テンプレートでサクサク書く006 | 見込み客の頭の中に入り込む

WEBライティングのコツ006
WEBライティングのコツ006

WEBライティングのコツ006:見込み客の頭に入り込むヘッドラインテンプレート

 

景観をイメージさせるヘッドライン、「まるで○○・・・・・」

どんな、いい言葉で語っても、その言葉が見込み客の頭の中で映像化されなければ、なかなかイメージすることはできないものです。

見込み客の頭の中に、イメージさせるとてもいい見出しの書き出しが
「まるで○○・・・・」で始まるヘッドラインです。

参考見出し

「まるで毛布を着ているような暖かさ。30年来の冷え性の私の救世主です」
出典:通販生活2017春号P133「ナチュラルパジャマ」
写真

文法

まるで○○+ベネフィット

「まるで○○」とは、記憶の中で、幸せを感じたこと、過去にとても気持ちい思いをしたことを蘇らせる魔法のワードです。

WEBライティングのコツ005-02

ヘッドラインテンプレート「見込み客の頭のなかに入り込む」

文例では、
「まるで毛布を着ているような暖かさ・・・」という魔法の言葉で、暖かい毛布に包まれて眠っていいる幸せ感をイメージさせています。

このイメージが、次に続くベネフィット
「30年来の冷え性の私の救世主です」という言葉の、説得力が増しています。

他にも「まるで○○」は、なんか聞き覚えのあるフレーズだと思います。

そうです。
「まるで生めん・・・・」
某インスタントラーメンのCMでお馴染みですよね。

それまでのインスタントラーメンの麺とは全く違う触感で、
より外で食べる生めんに近づけたインスタントラーメンです。

このCMで、大ヒットしましたよね。

見込み客の頭のなかで出来上がっているインスタントラーメンのイメージを、たった一言で覆しました。
それまでの常識を崩すには、うってつけのヘッドラインの形になっています。

使い方のポイント

この「まるで○○・・・」を使うときのポイントは、
商品そのものの機能や特徴から導き出さない、ことです。
あくまでも、使用した感想、使った他の変化をイメージ出来るような例えを見つけてください。

その時に、必ずしも、現実のものにこだわる必要はありません。
例えば、
「まるで雲の上で眠っていいるような・・・」とか
「まるでミシュラン3つ星のレストランで食事を楽しんでいるような・・・」とか、
空想の世界で、イメージできるもの
憧れの世界で、イメージできるのも
など、
記憶の他にも、見込み客の頭のなかに入り込む方法はいろいろあります。

応用例

整体の場合は

「まるで雲の上で眠っているような気持ちよさ、・・・・」

また、レストランでは、

「まるでミシュラン・・・・」は、使えますよね。

ぜひ、あなたの商品を使った感想を、
「まるで○○・・・」という魔法のワードで表現してみてください。

P.S.

もし、あなたが今…

  • ホームページからの売上が伸び悩んでいるが、何をしたら良いのか分からない
  • ホームページで新規集客ができず、経費ばかりが増えている
  • ホームページに関する情報が多すぎて何を信じればいいかわからない
  • 競合が多くて、どうすれば差別化できるかわからない

このような悩みを1つでも感じているなら、このオファーはあなたにとって救世主となるかもしれません。

start-hereの「ホームページ無料診断」

start-hereの「ホームページ無料診断」は巷でよくある、
アンケートに答えて自動的に診断するという代物ではなく、
マーケター歴25年のWEBマーケターが一件一件、熟視して診断していきます。
なので、確実にあなたのホームページの問題点や課題を発見することができ、
売れるホームページに生まれ変わる手助けができるのです。
診断レポート、オンラインアドバイスと診断結果の提供も充実していて、全て無料で提供いたします。
これを機会に、ぜひ無料診断を受けて、あなたのホームページの問題点、課題を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です