WEBライティングのひな型(テンプレート)001|健康グッズ他

WEBライティングのひな形001
WEBライティングのひな形001

WEBライティングイメージ

60分でセールス・ページが書ける

セールスページを書こうと、ワードを立ち上げてみたものの、何から書いていけばいいのか????
キーを打つ手も進まず、いつまでたっても真っ白い画面から解放されないあなたでも、テンプレート(ひな型)を使えば、簡単に書けるようになります。

今回のひな型で使用可能の商品・サービス

使用可能商品類:オーダー枕などの健康グッズ
フィットネスクラブ、グッズ
リラクゼーション施設、グッズ

メインストーリー(例題):補聴器

先日スーパーの駐車場を歩いていて「ヒヤっ」としたことがありました。
すぐ後ろまで近づいてくる車に気付かず、もう少しで接触されそうになったのです。
そのドライバーが、なぜ、クラクションもならさず、あるいは、もう少し離れて、すり抜けようとしないのか、その心情は不明ですが、こちらが避けるくらい思っていたのでしょうか?

ハイブリッドなど、低速ではモーターで走行するため、エンジン音も聞こえず、車がすぐ近くまで接近してくるまで気づかないって、ちょくちょくあります。
そんな経験あなたにもSるのではないでしょうか?

私は決して聴力が悪いわけではい(先日人間ドックを受けた時も正常でした)のですが、気づかないのですから、少し耳の遠い人は、もっと怖い思いをしているかもしれません。
そこで・・・

WEBライティングステップ1:ターゲットの設定

「ちょっと耳の聞こえが悪くなったかなぁ~」という、高齢者を見込み客としたセールス・ページをつくってみましょう。

最近聞こえづらいかな?と、思いながらも、自分の体の変化を認めたくない高齢者は多いものです。

そういう人たちに、補聴器のような補助器具を薦めるためには、ふたつの弊害を取り除いてあげなければなりません。

1.自分自身へのプライド
いつまでも「まだまだ、若い」と思っていたいものです。
年と共に体が変化しているのに気付いてはいるものの、それは認めたくない。

プライドを傷つけずにメッセージを伝えるために、何をPRしますか?

2.他人からどう見られるか。

補聴器をつけている姿を知人にでも見られたら・・・
陰で何を言われてるか解ったものではない。。。

何事も、本当は、本人が気にするほど、他人は見ていないものです。
しかし、やっぱり気になるのが他人からの視線ですよね。

他人の視線は気になりませんよ。なぜなら・・・・につづく言葉は何ですか?

 

WEBライティングステップ2:見出し

散歩する時はいつもこれ。
音がはっきり聞こえるので、車が近づいてくるのも解るし、○○(プライドを傷つけない)で○○(視線を気にしない)ので、安心して散歩できます

WEBライティングステップ3:リード

今、どのようなことが起こっているか。
~ターゲット層が抱えている問題点、課題を抽出する。(一般論)

ハイブリッド車など車が静かになるのはいいけれど、反面、
車が近づいても気付かない人が増えている。
多くのひとが、車が近づいたことのに気づかず、ヒヤッとしている
あなたもそのような経験をしたことがないか?
実際、車の接近に気づかずに事故に合う人も増えている・・・データ

一般的な解決策

早く気付くことが大事
聴力を助けるグッズや医療対策など、補聴器に限らず、その他の施策も取り入れていく。

中立的な立場で、他の商品や対応策を話していく。
各解決策のメリットデメリットを列挙していく。
価格、手に入れやすさ、メンテナンス、時間、など、くれぐれも、他の商品やサービスのデメリットだけを語らないこと。

商品の特徴(売りたい商品をアピールしていく)

「WEBライティング1ターゲットの設定」で抽出した見込み客がもっている障壁を商品の特徴で取り除いてあげる。
他の商品・サービスと比較して取り扱っている商品が優れている点を列挙していく。
箇条書きで、機能―メリットを結びつける。
お客さんの声などもここで入れていく。

オファー(お客さんとの約束)

今回の商品のセールスページを書くときは、直接商品売っていく「ワンステップ」でも、
検診やレポートなどをバイパスにした「ツーステップ」でもとちらでも可能です。

ワンステップ:直接商品の販売
ツーステップ:聴力検診、レポートなど

見出しの元ネタ

見出し元ネタ出典:通販生活2017春号P106
「セリフ覚えの散歩には、いつもこれ。文字がくっきり見えるのにまぶしくないから、集中できます。」

他の応用例

オーダー枕:「出張時は、いつもこれ。ぐっすり眠れるので翌日のセミナーにも万全の体制で臨めます。コンパクトだから邪魔にもなりません。

湯たんぽ:寒い日に、一人の部屋に帰ってくるって、とっても寂しいと思いません。 そんな日はこれ。優しく温めてくれるので、とても癒されます。

ヘッドフォン型ウォークマン:ジムでのトレーニングにはこれ。 本体がなくコードも邪魔にならないので、ノーストレスでトレーニングできます。

P.S.

もし、あなたが今…

  • ホームページからの売上が伸び悩んでいるが、何をしたら良いのか分からない
  • ホームページで新規集客ができず、経費ばかりが増えている
  • ホームページに関する情報が多すぎて何を信じればいいかわからない
  • 競合が多くて、どうすれば差別化できるかわからない

このような悩みを1つでも感じているなら、このオファーはあなたにとって救世主となるかもしれません。

start-hereの「ホームページ無料診断」

start-hereの「ホームページ無料診断」は巷でよくある、
アンケートに答えて自動的に診断するという代物ではなく、
マーケター歴25年のWEBマーケターが一件一件、熟視して診断していきます。
なので、確実にあなたのホームページの問題点や課題を発見することができ、
売れるホームページに生まれ変わる手助けができるのです。
診断レポート、オンラインアドバイスと診断結果の提供も充実していて、全て無料で提供いたします。
これを機会に、ぜひ無料診断を受けて、あなたのホームページの問題点、課題を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です