猿カニ合戦のその後。。。実はカニは悪い奴だった?

猿カニ合戦
ブックシェアリング-01

芥川龍之介の猿カニ合戦

今日は、マーケティングとは全く関係ない話です。

どうしてもシェアしたくて、書きました。

昨日、本屋さんをぶらぶらしていて、手に取った文庫本。
日ごろからめったに手にしないジャンルの文庫本です。

 

パラパラっとめくっていると、思わず手が止まるタイトルが
「猿カニ合戦」。。。

猿カニ合戦

猿カニ合戦、悪いのは誰?

笑っちゃ~いけませんよ。
絵本でもなければ、児童文庫でもない。
れっきとした日本文学です。
著者はあの文豪、芥川龍之介なのですから。。。。
あの芥川龍之介が猿カニ合戦を書いている???

もう、それは興味津々です。
短編でもあるし、つい読み始めてしましました。

すると、それが面白いのなんのって。。。。つい最後まで読みあげてしまったのです。

お話しは、皆さんが知っている猿カニ合戦・・・
「カニが持っていたおにぎりが欲しくなったサルが、カニにずるいことを言って、柿の種と交換しました。
しかし、そのかき柿が実るとさるはだまして、おいしい柿の実はサルがとってしまい、実っていない固い柿をカニにぶつけてけがをさせてしまった。
お見舞いに来た、うす、はち、栗はカンカンに怒り、カニと一緒に猿に仕返しをしました。
めでたし、めでたし・・・」というストーリーではなくて、
このお話しの後日談となっているのです。

実は、悪いサルをやっつけたカニは、めでたしめでたしではなくて、殺人(殺猿?)犯として警察に捕まってしまうのです。

結論から言うと、主犯格である、かには死刑、共犯者である、うす、はち、卵(なぜか?栗が卵と入れ替わっている???)は無期懲役の判決になってしまうのです。

この判決を下されるまでの裁判のプロセスがまた面白い。
検察側としては、サルの正当化を主張していくのですが、それが非常に説得力がある。
(ここはぜひ読んでみてください。ネタバレになるのでふせます)
このストーリーを読むと、「なるほど」と、悪いのはサルではなくてカニだったのか?と思ってしまいました。

また、最後にカニの死後、家族の生活にも触れています。カニには奥さんと二人(2杯?)の子どもがいたようです。
それぞれの生き方が面白い。

その中で、作家の人となりというか、特質をデスッてるところも、ニンマリとさせられます。

芥川龍之介のイメージはどちらかといえば、人のサガや、愚かさを描き出してる暗い感じの作風のイメージだったのですが、このような作品も書いていたとは、、、新しい発見でした。
と、この作品も最後の一行は・・・・かなり深いかも。。。。。。

P.S.

もし、あなたが今…

  • ホームページからの売上が伸び悩んでいるが、何をしたら良いのか分からない
  • ホームページで新規集客ができず、経費ばかりが増えている
  • ホームページに関する情報が多すぎて何を信じればいいかわからない
  • 競合が多くて、どうすれば差別化できるかわからない

このような悩みを1つでも感じているなら、このオファーはあなたにとって救世主となるかもしれません。

start-hereの「ホームページ無料診断」

start-hereの「ホームページ無料診断」は巷でよくある、
アンケートに答えて自動的に診断するという代物ではなく、
マーケター歴25年のWEBマーケターが一件一件、熟視して診断していきます。
なので、確実にあなたのホームページの問題点や課題を発見することができ、
売れるホームページに生まれ変わる手助けができるのです。
診断レポート、オンラインアドバイスと診断結果の提供も充実していて、全て無料で提供いたします。
これを機会に、ぜひ無料診断を受けて、あなたのホームページの問題点、課題を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です